こうもりだこ通信

詩歌を作っている岡本はなと申します。「短歌人」所属。ロックンロール、沖縄民謡愛好家。BOOMER歴24年です。

2006年02月

17歳バトン、らしい。

またまた、某ヒミツ結社のマイミクさんより、バトンの指令が。

◎17歳の時何してた?

演劇部。毎日毎日演劇部。あと放課後油売ってた。高校の午後の授業はひたすら眠かった。このころが一番肉体派だったかな。

◎17歳の時何を考えてた?

恋。毎日毎日恋。といっても片恋だったんだけど。
漫画家になりたいと思ってた。まあ夢見る少女でした。

◎17歳の時のイベントは?

毎日がイベントだったような。恋してるともう、毎日がキラキラ。
イベントじゃないけど、ふざけてて学校の3階の窓から落っこちた男の子がいた。
真っ青な顔して動かなくて、救急車で運ばれて、てっきり「死んだか」と思った。3日後にはぴんぴんして登校してきたけど(笑)

◎17歳の時にやり残したことは?

やっぱり勉強ですね。あと絵をもっとまじめに取り組むべきだった。

◎17歳にもどれたら

お肌を磨く。恋にうつつを抜かすのはほどほどにして、バンドでボーカルをやる。
詩の朗読で、ぴちぴちアイドルになる。(えええ?)

◎17歳の時、失敗したことは?

自宅は自転車通学がみとめられなかったが(3軒先はOKだったのに)遠いので時々自転車で行っていた。ある時、「一斉摘発」にひっかかり、古文の教師に「君は優等生だと思っていたのに…」とものっすご??いイヤミを云われた。
誰が優等生じゃボケ!(とは云わなかったが)自分と、その教師の両方に、無性に腹が立った。

◎17歳の時、良い恋してた?

良い・・・と言えたのかどうか。結局、恋に恋してたと後で気づいたしね。
でも、人を好きになる、いいレッスンにはなりました。

◎17歳に戻って貰いたい5人は?

なんてったって、17歳のはやしもとさんが見たい!
・・・後は、思いつかないなあ。

と言うわけで、バトンを回すことに情熱のない私。
興味のある方、やってみてくださいな。


研究会で筋肉痛。

愛知詩人会議の、研究会というものに参加してみたのです。
ある詩人の方の詩集をまな板にのせて論じ合うと言うものです。
会場にいらっしゃったのは、大先輩の詩人の方々、かなり先輩の知人のかた、若い方、とバラエティーにとんだ顔ぶれでした。

私は学生時代、文学畑ではなかったので、詩の研究会というものはあまり行ったことはないうえに、部外者ですので、あえて発言せず、傍聴に徹するつもりでしたが、やはり意見を求められ、どきどきしました。

全体として、とても有意義な会でした。
詩への愛情が伝わってくる、というのか、その方の詩をもっと読みたいと思わせる、なかなかいい論議だったと思います。

しかし、日ごろあまり使っていない脳の部分を絞ったようで、かなり疲れました(笑)
脳が筋肉痛、というのでしょうか!ここちよい疲れではありますが。

加えて昨日、仕事場の休憩で脇を締めて腕立て伏せ、なんてやってしまったので、こんどは
二の腕の付け根が筋肉痛困った
日ごろやっていないことをすると、ツケが回ってくる身体になってきましたな。。

バトンだよお(罰トン?)

某ヒミツ結社のマイミクさんより回ってきたので、罰ゲームがわりにやってみました。

1.崖から落ちそうなセロハンテープと牛乳キャップ、どっちを助けよう?

危ないので、どっちも助けない可能性大。
あ、セロテープはなんか使えそうだから助けるかな。からだをぐるぐる巻きにして蓑虫状態にして崖にぶらさがって寝るとか(できるかいっ!)

2.手紙を出しに行ったらポストに「このポスト危険」と言う張り紙がしてあった。

もしかしたら手を入れたら「がおーん!!」と噛み付く猛獣ポストかな、と、棒をもってきて入り口をつんつんする。噛み付かれたら、もちろん逃げる。何も起こらなかったら、「なーんだ、口ほどにもない」と無視する。

3.アンパンマンの顔が新しいやつに変えられた後、

古いのはたいてい、かじられた跡があるので、愛犬にもらいます。

4.こんちちわ。

シャラポワのテニス姿の写真に、「こんちちわ。」と漫画のフキダシをつけて遊んでみよう。
その写真をもって、近所の人に挨拶してみよう。やさしく言葉を返してくれるか、顰蹙を買うか、どっちかでしょう。

5.コレを持ってるとお金が貯まると言われ人形を手渡された。

毎日みがく。ちまちまと節約して「今日何円儲けたよ」と報告する。
宝くじに当たったら、一緒のお布団で寝る。(一晩だけ)
とくに儲けなかったら、わすれて埃をかぶった人形は、お寺で合葬する。(普通やね)

6.ナルトのぐるぐる渦巻きって、何のためにあるんだろう?

考えてると空がぐるぐる渦巻きになって、名古屋巻きのお姉ちゃんがぐるぐる巻きになって、脳みそがぐるぐる巻きになってめまいがするので、とりあえず深く考えない。

7.輪ゴムを思い切り引っ張ってちぎる根性と勇気はある?

しょっちゅう仕事でやるんですう。花火の束がぎちぎちにゴムで結わえてあって、思い切りひっぱらないとほどけず・・・バチッ!!「ぎえぇーーーーえおぃ!!」勇気りんりん♪

9.黒板って可愛いよね。

「五郎さん・・・あんた・・・凄い人だ・・・(LOVE)」(トドおやじfrom「北の国から・遺言」)

10.「穴があったら入りたい」と思っていたら実際に穴が。

穴おそろしや。あらん限りの自分に対する罵詈雑言を穴にむかって叫ぶ「このくそたわけ
おたんこなすマヌケたこ◎★↓@*?!!!」そのあと転落して、即身仏になってしまおうと試みるが、腹が減って、志半ばで挫折する。

11.朝起きたら、顔だけヨン様になっていた。

とても磨きがいのあるお顔なので、とりあえず念入りに洗顔します。
それからお高い美容液を買いに走り、毎日ぴたぴた。パックもしまくり。毎日、ピカピカのお顔をさわって、ああシヤワセ。

12.今のあなたより幸せなマリモに生まれ変わらせてあげると言われた

阿寒湖の底のマリモになりたいと、本気で思ってました。
ああ、ついに私の物語はハッピーエンドをむかえるのね(ウットリ)

13.次の人?わたしのマイミクさんは少ないのでね・・・興味のある方、やってみてくださいね。そこの人!・・・そうそう、あなたですよ。

あれ、8.はどこに消えたのかにゃ?

自己嫌おおおお。

やってしまった。
ものすごーく失礼千万なことをやってしまったのだ。
静かーな会場に、響かせてしまったのだ!!
あの、着メロを・・・。
ものすごく嫌な思いを、演者を始め皆さんにさせてしまったのだ。

もう死んでしまいたい!と一瞬思った。
スタッフの方に謝ったけど、許されるものではない。
駅に着いたとき、マナーモードにしただろうか、と思った時、確かめておくべきだったのだ。

このドアホめ。

日記でエラソーに意見したりしたが、
私にそんな資格はないのだ。

私は穴に入りたい。
狭い穴が私にふさわしい場所であろう。
一人で罰ゲームでも考えていよう。

私のケータイは死ぬまで、マナーモードになるでしょう。。

バレンタインだってね。

ここ数日、バレンタインのことで頭がいっぱいで、不眠症のはなびーるです(うそ!)

いやいや、ほんとうは●ディバのチョコが欲しかったんだけどね(自分に)、近所のスーパーに行ってもなかったので、ベルギーのなんたらかんたらの、4粒入って1050円というので手を打ちました。(これでも清水の舞台から飛び降りる覚悟で)
で、大本命の同居人にあげて、少しおこぼれをもらうと・・・(あくまで自分に!)

バレンタインといえば、甘くて苦い思い出があるのよね。
若かりし学生さんのころ、そのころは義理チョコなんてまだ普及してなくて、バレンタインといえばモロ本命を意味するうれしはずかし時代。

私も意中の人にあげようと、せっせとレシピ見ながら手作りチョコをこしらえて彼に手渡したら・・・「ありがとお。でもお腹壊しそうだからあ、弟にあげるかもねー」とジョーダンめかして云われた・・・悲しいたしかに、そのトリュフのような物の外見は、レシピどおりなのに、恐ろしげに崩壊していたのです。
翌年からは、手作りをやめたのは云うまでもありません。

いまは、本命、義理に限らず、自分チョコ、お世話チョコ、ファミチョコ、などいろいろあるらしいですね。
でも、会社などでチョコを受け渡す習慣は、内心やめたいと思っている人が多いとか。

この際、チョコは本命に限るよ、っていうと、チョコレート会社の人が怒るかなあ。
あ、あとクッキー会社の人も。

一粒約250円のチョコは、高級すぎて手が震えるくらいおいしかったよ。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ