こうもりだこ通信

詩歌を作っている岡本はなと申します。「短歌人」所属。ロックンロール、沖縄民謡愛好家。BOOMER歴24年です。

2008年04月

短歌・「図書室」


閉架図書の闇より出でて男問う
「いかに婦人の靴を磨くや」


晩秋に麦藁帽と短パンの
彼は昭和の靴磨きかな


樹脂のごと閉架図書よりにじみ出る
時の妖魔の虜となりぬ

短歌・「演芸場」


先刻は舞台に立ちし芸人の
焚き火にあたる首巻薄し


汗だくの芸人と客二人ぼち
舞台提灯ほころびており


正月は満員御礼札見上げ
老曲芸師の亡霊さがす


短歌・「父」三首


かしましき娘(こ)らの十歩先を行く
背中の父は遥かなる人


三姉妹術後の母をとりかこむ
はにかむ父は離れて居りぬ


元気でと読唇術のプラットホーム
父の愛とはもどかしさなり


livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ