日曜日は、安城市のあんぐるCafeにて、二胡のコンサート鑑賞。

演者の方は、二胡を弾かれる杉田りゅうさんをはじめ、三味線&三線の
方、ギター&パーカッションの方、ピアノの方、といった編成でした。

前半は、中国の歌の草原情歌、蘇州夜曲、シルクロードのテーマ、ギターソロ、こきりこ節、といった名曲の数々。
最初は緊張のせいか?二胡があまり歌っていない感じでしたが、会場はせまいCafeにかかわらず、観客50人近くの盛り上がり、徐々に演奏も熱気を帯びていきました。

一部が終わったところで、飲み物とケーキ(シュークリームとシフォンケーキ)が出されます。
なにしろ盛況のため、給仕をする人手が足りません。
Cafeとかかわりのある同居人が、急遽ウェイターとして駆り出されることになりました。ウインク

なれないウェイターのため手間取りながらも、同じテーブルに隣り合わせた初対面の人々どうし、話がはずみます。
ケーキもアイスコーヒーも、おかわりしたくらい美味でした。

第二部は、私好みの沖縄ポップのオンパレード。

・十九の春
・わらび神
・涙そうそう
・さとうきび畑
・花

アンコールは、島唄に、シルクロードのテーマふたたび。
杉田さんは、最初はヘビーメタルをやっていた(!)そうですが、二胡に出会ってからは、竹の二胡を自作するようになり、二胡教室も開いているそうです。

とても伸びのある、哀愁を帯びた音を楽しみました。
あんぐるCafeは何回か行ったけど、ふつうのホールやライブハウスとは又違う、フレンドリーな交流が出来るところが気に入っています。

又、楽器やりたい虫が、再発しそうです。音符